夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


悪夢。?

其処は自宅、マンション2階。
母と喧嘩をした。言い合いをしているうちに、家が火事になった。キッチンが赤い。
─逃げよう。
そんな事をきっと私が言った。すると母は絶対行かないと言った風に私の勉強机に寝そべり、私(一人っ子)の知らない赤ちゃん2人をTシャツの中へ仕舞った。動かない母を見て私は諦め、スマートフォンと財布を手に持ち窓から逃げた。父の声が聞こえていたけれど、何処から聞こえるのか分からない。夢の中の脳みそは、ぼんやりと「ママがパパもシャツに仕舞ったのかなぁ」なんて考えた。煙い中、何故か用意されていた赤錆びた階段をたん、たん、と降りた。燃えるマンションの二階を、下からぼんやりと見つめた。空は青かった気がする。
場面が切り替わる。
気づくと、川岸だった。長閑な春らしい日だった。現実では離婚寸前の筈の両親の間に2人の赤ちゃんが手を繋いで、母の左手を私が握った。馬鹿みたいに歌を歌いながら、川上へと駆ける、駆ける、駆ける。笑いっぱなしだった。でも私1人は何故か涙を流しながら走っていた。知らない赤ちゃんのうちの1人が笑ってるこのひと、といった風に、きゃらきゃらと笑った。泣きじゃくっているのと笑っているのとで、私は沢山歌詞を間違えた。その度にみんなが笑った。
ふと、前方に何か見えた。ゴールみたいだった。5人は走るのを辞めた。水色のオブジェが沢山並んでいた。枯野がその奥には広がっていた。横には高速道路の様な道路があったが、車一台通っていなかった。そよ風が強めに吹いていた。

此処で、夢は途切れた。
夢から覚めてから考えると、最後のゴールの様な所が死後の世界だと思えてならない。前にも似た所が夢に出て来たのだ。その時は友人と自転車だか車だか(なお未成年)で其処に辿り着いた気がする。
気味の悪い夢だった。

[1702] あかいあめ (2017/04/01 土 13:17)

よく分からない

高校生の自分がレゴブロックだけで自転車作って前かごに赤ちゃん(夢の中では妹)乗せて街の中走ってて、土手って言うか空き地みたいなところに着いたら細くてぐにゃぐにゃカーブの坂道があって、そこを降りると公園だったか広場があるんだけど行かなきゃ!と思っててもどうしても坂道を降りられなくて立ち往生してるところ
街の中走ってるときは天気良かったのに坂道のところに着いたら曇ってきてだんだん天気悪くなってきた

[1701] ayab (2017/03/28 火 12:29)

秘密

夏休みに小田舎の親戚の家に遊びに来ていた少年の僕。行きはパパに車で送ってもらったけど、どうやら帰りは自分で電車で帰らなきゃいけないみたいだ。夕方になった。その事を親戚の叔母さんに打ち明けようとするも、勇気を出せず中々言えず悶々としていると、叔母さんの家族が皆帰って来た。とりあえずお茶を出すのを手伝うことになって、結局帰ることは言えずにもう一晩泊まる流れになってしまった。
夜中に目が覚めた僕は、世界が激変していることを知る。大人は皆どこかにいなくなってしまった。何か得体の知れない化物が僕に迫っていることだけは理解できた。家の中で敵と隠れん坊をして逃げるも結局バレて、僕は家を飛び出した。飛び出さざるを得なかった。どうやら、この世界は蜘蛛に支配されてしまったみたいなのだ。これ以上それが進行しないよう食い止める為には、今のうちに蜘蛛の卵と幼虫を殺しておかなければならない。深夜の森林の中、地面を照らしながらそれを探索するミッションが始まったのであった。

[1700] しらたま (2017/03/28 火 06:41)

不思議な赤ちゃん

夢の中で、久し振りに実家に帰ると父が庭先で赤ちゃんを抱っこしてあやしていました。
赤ちゃんは女の子で、生後5ヶ月くらいだったと思います。とてもキュートで、ご機嫌らしくにこにこしていました。
現実では実家に赤ちゃんはおらず、もちろん私の子でもありません。夢の中では家族の一員だという意識でした。
「変わろうか?」と私が聞くと、父は「お前に世話を全部任せたい」と言いながら赤ちゃんを渡してきました。
赤ちゃんを抱っこして家の周りを散歩していると、赤ちゃんの兄弟が10人くらい、全員ランドセルを背負って学校から帰ってきました。
そしてみんな、赤ちゃんの顔を覗きこんで可愛がっていました。

目が醒めてからもハッキリ覚えている、不思議な夢でした。

[1699] ぬこぬこ (2017/03/27 月 21:13)

夢の中の夢

夢の中で夢を見ていた。
そして、その夢は漫画を見ていた。
自分が漫画の中に入り体験するような形で。

漫画の中では周りがどんどん不可思議な事故等で死んでいき、自分が呪われている事に気付き立ち向かう。
呪いの元凶を発見し戦う事になる。
なんとか勝利するが時間が始まりの時間に戻ってしまう。
しかし、最初とは違いその記憶を持った状態で。
そこで漫画は完結する。


この後その夢の中では目が覚めて、漫画を書き留めようとするが夢の中ではその漫画は実際にあった。
見た事もあるか覚えておらず存在する事を忘れていた状態でその内容を全て鮮明に見た。

そして、その夢を細かく覚えている状態で起床しすごくモヤモヤというか気持ち悪い感覚だけが残っています。
意味はあるんですかね。

[1698] 呪われた螺旋 (2017/03/26 日 09:00)

ケーキ作りの夢

同級生の女の子とケーキ作りをした夢を見ました。スポンジがうまく焼き上がり、後片付けをしていると知らない男の人が私に声をかけてきて、何かを話したら目の前に好きな人が眼鏡をかけてた状態で現れました。
どんな意味があるんでしょうかん
現実では、好きな人はたまに眼鏡をかけています。

[1697] いちご (2017/03/24 金 11:06)

悲しいけれど素敵な出会い

場所は大通り沿いにある〇〇総合病院。
(調べてみたら実際にはない)
見た目は大学病院までいかない小さめの病院で、駐車場を挟んで隣にコンビニがありました。
私はそこで、「すーちゃん」という5歳くらいの女の子に会います。
会います、というよりは、わざわざ会いに行っていました。
また不思議な設定で、私自身が生きている時系列(?)は現在ではなく、すーちゃんがいる約10年先で、つまり過去にタイムスリップしてすーちゃんに会いにきている、という設定でした。
すーちゃんと私の関係性は不明でしたが、今のすーちゃんの手掛かりを知るため(会いに行くヒントを探すため)に会いに行ったような感じでした。

すーちゃんは明るくて、とても陽気な子でした。見た目は細くて小柄で、髪が茶色のソバージュでした。
病院にいるので、何かの病気なのでしょうが、そんなことを感じさせないような元気な女の子でした。
私の帰り際、お見送りをしてくれたときに、何かダジャレを言ってくれました。

今のすーちゃんの手掛かりを知ることが出来ずに帰ったのですが、私は病院の駐車場に白い紙の束を見つけます。
それは、すーちゃんのお母さんとすーちゃんを応援する人々がやりとりした手紙(お母さんからのは定期通信のような見た目だった)でした。
それを見た私は、もう私の生きる時間にすーちゃんはいないのではないか、と感じて泣きくずれました。

ここで夢は終わりです。
すーちゃんはとても素敵な女の子でした。
今も元気でいてくれるといいな。

[1696] やきいも (2017/03/20 月 07:43)

鏡に映った自分の頭が…

鏡に映った自分の頭が割れてる
実家に帰りまた鏡を見ると今度は頭が陥没して中を見ると血が溜まってる。頭蓋骨の一部が落ちて、灰皿が落ちたような音
が響く
母親にそれを言うと、母親が焦って深呼吸をして、母親が死んだおばあちゃんに電話をする
電話を出たのは、兄貴の別れた彼女
おばあちゃんに変わってと母親が言って、変わってもらう前に目覚めました。

凄く怖い夢なので心配です…
大丈夫かな…

[1694] 心配パパ (2017/03/08 水 14:24)

意味が分からない夢

朝起きたら、自分の周りを扇風機が全方向包囲する夢を見ました、そのまま部屋から立ち去ろうとドアへ向かうと、全ての扇風機がその方向へ首を振ってこっちを見てきました、あまりに不可解かつ意味が分からない夢だったので、一体これは何だったのだろう、と思っています

[1681] 通りすがりの名無し (2017/02/12 日 20:15)


Re: 意味が分からない夢

ww おもしろいねww

[1693] まいまお (2017/03/04 土 12:43)

老人夫婦と対決。(笑)

知らない老人夫婦を殺すため、姉と実家にきた。忍び込もうとしたら、突然屋根が落ちたため、すぐ逃げた。もういっそここに呼ぼう、ということで大声で老人夫婦を呼んだ。老婆がわたしを殺そうと胸ぐら掴んで殴ろうとするが、なんとか阻止。
すると老婆が「そこに座れ」といわれ座ると、突然右の太ももをナイフで刺され、「いまからわたしの言うことを聞け」と言われた。とても痛くて聞けなかったので、ナイフを引き抜いて、老婆の目に刺した。

[1692] 逢坂になりたい。 (2017/02/28 火 23:37)