夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


怖いけど、続きを見て確かめたいと心の底から思った夢

参加者全員でする鬼ごっこに参加していました。
それぞれに個室を与えられ、私は153号室でした。
その部屋で待っていると、黒いローブを着た男がドアをノックして中に入ってきました。
(身長が自分よりも高く)驚いてフラつき、壁に頭を打ち付けてしまうと、男は「初めて見る反応だ」などと言って笑いました。
(内容は全く覚えていませんが)ルールを説明され、同時に赤いドッグタグに黒で「殺人鬼」と書かれているを物を貰いました。
男が去って暫くした後ゲームが開始され、私は少し経ってから部屋を出ました。
青に「逃亡者」と書かれた人達を追いかけましたが、皆足が早くて何度やっても追いつけませんでした。
部屋に戻って策を練ろう思いながら歩いていると途中で道を間違えたのか迷ってしまい、1つの部屋を見つけました。
その中には倒れている参加者と、黒い仮面をつけた男性がいました。ドッグタグの文字はぼやけて見えず、色は黄色でした。
男性は「おかしいと思わないか」と聞いてきました。
どう意味か分からずにいると、赤いドッグタグを見せてきました。自分の物と同じかと思いましたが、書かれている文字が違っていました。他に何個か出してきましたが、それも全て違っていました。
「話をしたい」と言われ、彼の休憩室まで連れて行かれる途中で頭痛がし、視界も歪んできました。
そして「また後で」と、確かにそう言われてから目が覚めました。

不思議な夢は何度も見てきたけど、今までと何かが違う気が仕方がない。
あの赤いドッグタグがとても重く感じたこと、ローブの男が言ったこと、目が覚める前に言われた言葉がずっと頭から離れずにいて、「これは本当にただの夢なのだろうか」と書いている今も考えてます。

[1868] もちもち (2019/04/08 月 16:06)

気持ち悪い夢

私が知らないやばげな倉庫にいて、扉を開ける事に色んな臓器とか死体とかが床に落ちてる
時々その死体がぎゃー!!って叫んだりしてて、なんか繰り返し動画を見てる感じ、臓器が体から吹き出てる人はそれを何度も繰り返してる
扉を開けても開けてもグロかったり、女の人が襲われてたりしてて気持ち悪かった
最後の部屋に明るい茶トラの猫がいて、こっちをじっと見つめててそれで目が覚めた
ひつじのショーンみたいな粘土細工の人間が叫ぶと臓器が飛び出している不思議な部屋もありました。
人体の美術館のように色んなグロいものが展示してあるようにありました

[1867] のん (2019/04/03 水 17:11)

怖すぎ

自分は30代前半の女性です。
メガネをかけて嫌な笑みを浮かべた中年くらいの男がすぐ隣にいる。
暗闇の中をどこまでも落ちている状況なのに相手の上半身だけうすらぼんやり見えていて、我々は大きな悪事を働いたと判断されこれからずっと暗闇を落ち続けるらしい。
男も罪人と判断されたようで、共に落ちているが時々満員電車のように周囲の肉壁みたいなものに押される。
苦しくてもう嫌だと思うと目の前に「罪をなかったことにして出ますか?」という電光ウィンドウのようなものが現れたので迷わずハイを押すと、実家の寝室に転がり出た。
しかし隣室には13年ほど前に亡くなった口うるさい祖母が、ガリガリでほぼ骸骨のようなミイラのような姿で私を責めてきた。
恐ろしくなり何度も床に叩きつけたり突き飛ばしたりして、倒そう(多分殺そうとした)が祖母は驚くほど軽く、ダメージを負わないようで全く効いていない。
首を折ろうとしたところに、階下から母がやってきて些細な喧嘩中であるかのように私たちを止める。異様な光景なのに脳内は「母に怒られる」という感情が生まれたところで目が覚めた。
現実の母は所謂、支配系毒親です。

[1866] JoJ (2019/03/09 土 13:03)

最初で最後の。

AOAのための最初で最後のダンスの発表会。
私と友人含め私達は今まで必死に
練習してきました。
本番当日。Mステに出る私達はものすごく緊張していました。いよいよ私達の出番です。魂込めて丁寧に感情を込めて10secondを披露しました。
今までで一番上手く踊ることが出来ました。
私達は後半涙を流しながら踊っていました。
躍り終えた私達は曲がおわるとその場で泣き崩れました。するとタモリさんがステージ(Mステだが体育館)に上がってきて一言「良かったよ」と言葉をかけてくれました。そして躍り終えた私達はそのまま卒業式を迎えました。

[1865] さちゃもす (2019/03/08 金 06:55)

こんな夢を見た

自宅に帰ると大勢の警察が来ている。実は警察官、刑事の正体は宇宙人が化けている。失神し倒れかかる女性を素早く抱き止め助ける。スマホで応援呼ぶ。大勢の子どもたちが口々に叫ぶ。「影を見てください。僕たちと違いますよ。」地球防衛隊にその宇宙人たちを退治してもらう。

[1864] BTM (2019/03/05 火 05:43)

痛みを感じた夢

家に見知らぬ外国人がいる。元々家族の一員のようにそこに居座っている。家族じゃないことを証明しようとして奮闘する。
空港へ行く。空き時間兄と自転車で競走をする。負けてしまい、空港内で迷子になる。友人が競走中にくっついてきたが、時間になって離れる。
狭い階段を降りて、家族がいる出発しそうなバスに急いで乗り込む。
場所は変わり、どこかの塔。見知らぬ少年少女が話している。幸せそうだが、それは幻だった。何者かに連れ去られ、出口のない狭くも広くもない実験室へ。一人が狂ったように実験をする。赤ん坊に巻き戻る実験。次々と死んでいく。比較的大人な男が止めようとするも、光線で焼かれる。装置が暴走して、この身をやき尽くす。痛い。とても痛い。機械的な歌声が脳に響く。狂人も変な笑い声をあげながら焼かれている。感覚が完全に切れたところで、目が覚めた。

場面がコロコロ変わるのはよくあることなんですが、
個人的にとんでもない悪夢でした。

[1863] おもち (2019/03/03 日 11:37)

彼女

広くてコンクリート造りのような建物にいる自分(女)は彼女を必死に追いかける。彼女は黒くて長いサラサラな髪をもっていて、真面目で大人しくて、どこか耽美な雰囲気がある。彼女は追いかける私を弄ぶように逃げていく。二階にいる私が一階にいる彼女を見つけ、急いで降りるといない。ふと見上げると自分がさっきまでいた辺りからこちらを微笑んで、また髪をなびかせて逃げていく…
それをずっと続けていたがやっと彼女を捕まえることができた。彼女はまた微笑んでいた。
(場面変わります)
今日はお祭りの日
もう顔見知りになった彼女の母親の車で祭りの会場まで連れてってもらう。助手席は誰もいなくて、運転している彼女の母親のすぐ後ろに私、その左には彼女、またその左には3・4歳ぐらいになる彼女の妹が2人座っている。
母親がもうすぐ着くよと言う。母親は子供2人を連れて回る予定で、私と彼女は車で待っていてもいいしお祭りに参加してもいいし、自由にしていて、と言う感じが伝わる。ちなみに私と彼女の関係は付き合ってすぐ伝えた。
窓からは今は使われていないジャンクションから色とりどりの光が見える。すでにお祭りは始まっているようだ。
少し楽しみになってきた時だった。
「車の中でずっとキスしてようね」彼女は私に告げた。
私の気持ちは一気に高揚し、何度も頷いた。

そこで目が覚めた。私はレズではないが、とても幸せな気持ちになれた。

[1862] 私 (2019/02/27 水 18:55)

消すタイプの悪夢

こないだシミュレート界とかいうのを「消すタイプの悪夢」で一応消せたという夢を見ました。

[1861] 零時 (2019/02/27 水 12:41)

8歳の女の子華ちゃんはサッカー部に入部した。ある日夜10時に試合があるから片親の父に車で送って欲しいと頼んだ。華ちゃんはこう頼んだ「いつもと違う景色が見たい」父親はカーナビで案内された山道を行く事になった。しばらくは安全な道が続いていたが途中ガードレールの無い崖ギリギリの道にあたった。黄色車線にも関わらず追い越し車線へと車線変更した。カーナビには途中ジャンプしないと通れない道があったり、左車線は崖が崩れて欠けている所もあった。
(ここで場面が変わります。)
黒スーツに黒ネクタイの男性(男性A )が悲しげな顔をした男性(男性B)の部屋を訪れ、こう言いました。
男性A 「華ちゃんなんだが……こういう事になってしまった 」袖に隠していた菊の花を見せました
「華ちゃんが選んだ事だ……許してやってくれ……」
男性B「たかが部活でねぇ……」
「俺に8000万、お前に1000万入る 元気出せよ」

[1860] あおぬん (2019/02/20 水 05:10)

今見た夢

昼間に自衛隊が訓練なのかヘリコプターで飛び立った直後にバランスを崩したようで次々と人が落下してきて五、六人が民家のような建物に落下。
一人は空き地に直撃でピクリとも動かない。
落ちた人たちはなんとか自力で屋根に上ったりしているが一人は中指を骨折しているようでした。

空き地に落ちた人は他の自衛隊らしき人たちが二人やってきて確認していましたが38才の青年が死亡。うつぶせ状態で直撃のため顔が崩れて笑ったような顔をされていました。

[1859] ほほ (2019/02/20 水 02:00)