夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


お願いします

診断をお願いします。

夢の中はわたしが何かあちこちの場所をまわってる途中なのですが途中から鮮明になり
わたしと男交互の視点から話がすすみます。
男は何か道中激しくいらいらしていて暴言吐いています。
その途中で道を歩いてたわたしは(何故か忘れたけれど)余計なことをしてその男から恨みを買います。
男は物凄いいらいらしながら猛スピードでトラックを運転してこちらを探します。
でもわたしは「やばいなー」くらいの認識でそのトラックに鉢合わせないようにしながら道を歩きつつトラックのことを警察に通報します。
すると男視点になって何故か通報したのがわかっててさらにイラつきがまします。
そしてわたし視点に戻り、道路に警察が配備されたあとも道を歩いてると警察に捕まって話をしてる男がいる場面にでます。
男は姿を見る前からわたしにものすごくいらつきと恨みつらみを向けてきて、わたしの姿を見るなりずんずんとよってきて胸ポケットのボールペンでわたしの胸を刺して殺そうとします。
でもわたしは普通のことみたいにそのボールペンを片手で受け流します。
すると男が何故かスマホの中(ゲームのなか?)に入って猫をあつめるアプリの猫を撫でてるところで終わりました。

殺されそうになって怖かったというよりも男がイライラしてたのが印象にあります。よろしくお願いします。

[1749] 十 (2017/10/31 火 16:07)

グニャグニャの体

診断をお願いします。

好きな人(元カレ)とラーメン屋に行って注文して出てくるの待ってる間に、好きな人(元カレ)の体が裸になって赤くなってグニャグニャになった。
どうしようって思って、支えながら、抱えながら住んでいるアパートに向かった。
途中学校があって遠回りしないとダメそうだったから、細くて急な上り坂を一緒に登って、アパートにたどり着いた。
すると、妹と母がやってきて、電気が付いていないままの暗い部屋やお風呂場をみたりしていて、私はイチャイチャしたいのにできなくて、外へ出た。
そこで妹、母が来たことを彼に伝えて、抱き合って激しいキスをして、手を繋いで側でやっていたプロム(パーティー)へ逃げ込んだ。パーティーの人の輪に入る感じで人と人の輪の間をくぐって参加した。

以上が見た夢です。
元カレとはずっと付かず離れず仲良くしてたのですが、先週、ケンカしてそれっきりです。
よろしくお願いします。

[1746] t.m (2017/10/28 土 01:31)


Re: グニャグニャの体

こんにちは。
読んだ感想そのまま書きます。

お母さん、妹さんと彼女らの行動は貴方の精神世界における周囲からのしがらみ?とか世間体を気にする目を表しているのかなと。
彼氏さんの赤くてグニャグニャした状態は、貴方が彼に感じてる印象なのかなと。
行動的、積極的なイメージの彼の言動に、何かしら疑問点、矛盾点を感じてるのでは?ケンカの時とかに?

夢の顛末で彼氏さんと2人でパーティに入っていくことから、潜在的には仲直りしたいのかなという印象が。
んで、それに周囲の目とかしがらみが邪魔だと感じてるのかと。

分からないのは最初に発生した「ラーメン屋」ですかね。
これはラーメン屋に対してご自分が感じてる印象とかを考えてみると良いかも知れません。
潜在的な印象が関わってくるので、実際にラーメン屋に入ってどういうことを感じるのかを考えると良いのかも。

長文失礼しました。

[1747] 零時 (2017/10/28 土 11:10)


Re^2: グニャグニャの体

追加です。

「ラーメンを注文した」というのがハッキリしてるので、自分がどういうラーメンを注文したかイメージしてみて下さい。直感的に。
ラーメンの麺の色は黄色で固定なので、後はドンブリの器の色、スープの色(澄んだ醤油ラーメンなら赤か琥珀色)の組み合わせから、貴方がどういうタイプが好きか、本質的に彼に対して求めてる印象が分かるかも知れません。

[1748] 零時 (2017/10/28 土 11:28)

お爺さん

天気の良い秋空の下で公園の芝生でうたた寝をしていたら突然、杖を突いて片足を引きずっている60代〜70代のお爺さんに名前を呼ばれた。そのお爺さんは私と握手をするなり「久しぶりだね〜」と言って来たが、私にはお爺さんが誰だか記憶に無い。でもとりあえず場の空気に合わせて「お久しぶりです。」と言ってしまった。
覚えているか聞かれたので、正直に覚えていないと伝えた。そうしたら昔住んでいた家のご近所さんである事を説明してくれてその瞬間、私の記憶にお爺さんが蘇った。
お爺さんの隣に突然お爺さんの奥さんが現れた。お爺さんより30歳程だいぶ年下のクールな雰囲気の美人な人だった。
お爺さんは唐突に「昔のままだったら嫁にしたのに…」と私に言って来た。
奥さんの前で言われて気まずくなり咄嗟に「美人な奥さんがいて何言ってるんですか」と明るく言い返したが、内心はとてもドキドキしていた。

今までの夢とタイプが全然違うので気になり投稿しました。私は特に年上好きって訳でもありません。
また夢に出て来たお爺さんの顔は70代くらいの俳優さんで(名前が分かりません、サスペンスドラマによく出演してる気がします。)実際にはご近所さんでは無いです。あくまで夢の中での設定でした。

[1743] らら (2017/10/27 金 00:10)


Re: お爺さん

読んだ感想そのまま書きます。

登場人物は貴方の精神世界に関わることだと思います。
おじいさんは貴方の内面における、男性とかからの目線や世間体を気にすることで発生してる固定観念からの価値観。
その奥さんは貴方自身が思い描く理想像。
おじいさんに関しては年齢というか、精神年齢が高い人、落ち着いた感じの人が潜在的に好みなのかな?というのが私の勘です。
そしておじいさんが発した言葉の意味は、「理想の自分より、今のままの自分の方が男性から好かれるんじゃないか?」
とかいう自問自答なんじゃないかと。
最後の質問の解釈は自分で色々考えてみると良いかと。

的はずれだったらすみません。長文失礼しました。

[1745] 零時 (2017/10/28 土 01:21)

小さい子供

知らない人たちが3人ほど私と友達になっており2、3歳の子供たちが4人くらいいました。部屋の中で遊んでおり1人の男の子が女の子と遊んでいる時に乱暴な態度をとっていたので友達が「危ないよ」と注意し私が少し目を離した時に女の子がソファーの上で毛布に包まれていました。友達が毛布をすぐ広げてみると女の子がグッタリとしており亡くなっていました
男の子が毛布に包んでしまったようで男の子はパニックになり泣き叫び走り回っていました。その時に男の子が〇〇ちゃんを殺しちゃった(女の子の名前はっきりと覚えてないです)と叫んでいました
その子を私が抱きしめて落ち着かせようと必死になっているところで怖くなり起きてしまいました
これにはなにか伝えたいことがあったのでしょうか?
分かりづらい文章で申し訳ございません。
よろしくおねがいします

[1742] ちゃんちゃん (2017/10/26 木 21:15)


Re: 小さい子供

読んだ感想そのまま言います。

貴方を除く登場人物7人は貴方の内面を表しているのかなと思いました。
人の性格、気質が色で表現されることがあるのですが、
貴方の場合は7色くらいで構成されてるのかなと。
同年代と子供で年代が違ったのは、それぞれの気質の成長度、バランスを表しているのかなと。

そして夢の顛末ですが、自分の中にある一面が、別の側面を殺すことになり得る、なっていることに対する葛藤だと思います。
子供が子供を殺すということから、どちらも最近芽生え始めたか、未成熟な側面なのかと。
人には色々な側面があるので、上手くコントロールしてどの側面も大切にしてあげると良いのかなと。

長文失礼。的はずれだったらすみません。

[1744] 零時 (2017/10/28 土 00:51)

祭と御坊さんとトンボ

久しぶりの投稿です。毎回ながらまとまりのない文章失礼します。今日見た夢は夜の民家の少し細い路地に提灯を飾った山車がお囃子を鳴らしながら複数の人達に曳かれて入って来ました。私もその賑やかな中に混ざっていると、山車は民家の屋根スレスレの所に寄り始め、民家の屋根を擦り、私の家の屋根も擦り付けてバキバキと割って行きます。私はそれを見て叫んでいると祭を曳いてる人が「祭の山車何だから屋根くらい壊れたってバチは当たらんだろ!感謝しろ!」と言って去って行った。泣き寝入り状態になっているといきなり御坊さんが隣で何かおまじない的な印を切って私に微笑みかけます。そして、一言大丈夫と声をかけてもらうと、私も何か思い出した様に印を切って二人で微笑みながら家に入って行きました。そして、画面が切り替わりテレビを見て何かよく分からない行動をしているとそこへ父が表れ何か私と話しています。そして私の近くに虫の存在を感じ初めは大きなヤブカかと思い込んで父に蚊を殺して!と頼みます。しかし、良く見ると緑色の小さなトンボのような虫だった。そのトンボにずっと襲撃されて目が覚めました。この夢のアドバイスお願いします。

[1734] サーヤ (2017/09/29 金 05:05)


Re: 祭と御坊さんとトンボ

こんにちは。

私が読んだイメージそのまま書いていきます。
今のご自分の周り、所属してる集落、グループが貴方に求めてきてる「協調性」が、
強制的な感じになってきてて、貴方にとってそれが負担、ストレスになっているのではないでしょうか?
「緑色」のトンボが攻撃してくるということからも。

今度改めて考察してみます。

[1741] 零時 (2017/10/26 木 12:09)

追いかけ、質問され、それに返答する夢

○夢の内容
白い建物の中で、銀色の軽装甲の甲冑を着た、銀髪で、蒼い瞳をした女の子を、自分が何かに取り憑かれたように必死に追い回していた。
しばらくしてその女の子が逃げるのを止めて自分の方を向いて怯えた表情で、「どうして私を追いかけるの?」と質問してきた。
それに対して自分は「より良い自分になれるからだ」ということを言ってしまった。

○感想
最後に答えた言葉がなぜかはっきりと思い出せず、色々試していましたが、やっと思い出せたみたいでスッキリしました。
今回の夢の内容を思い出しつつ何回か再占いしていったら、少しでも余分な情報を付け加えたり、曖昧な部分を「たぶんこうだったろう」ということで、自分の解釈で入力してしまうと、占いの結果がズレるみたいなので気をつけた方が良いと思います。
例えば、今回の場合は銀髪を黒髪に変えたり(これは興味本位でワザとです)、悪魔に取り憑かれたみたいに(悪魔かどうかは分からない)とか、立ち止まって質問したのか、逃げながら質問したのかを、自分では分からないのに入力してしまったり、質問したときの表情について入力しなかったりなど…
一応それらの占い結果にも目を通して留意はしますが。

使用方法に「曖昧な表現は使わないように」とありましたので、
おそらく「夢の中で曖昧だった、分からなかった箇所についても推測で入力はしないように」ということなんだろうと思いました。

[1733] 零時 (2017/09/26 火 22:36)


Re: 追いかけ、質問され、それに返答する夢

今更ですが、最近この夢の内容に関してハッキリ分かったことがあったので追記します。
追いかけてる自分の状態が黒色(青黒?)のイメージ、追いかける相手のイメージが青銀(混ぜるとインディゴ?)だったのですが、
オーラカラーで色の意味を調べて、改めて考えてみるとその時の自分の精神状態にほぼ完全に一致してました。
そして最近になって青黒の原因になる「執着心」をコントロールできるようになってきたら青銀、その特性も出始めてきました。

夢の内容に明確な形で「色」が出てきた人達は、自分や他人、周りやその状況を表していることがあるかもしれないので、参考にしてください。

[1740] 零時 (2017/10/26 木 11:50)

灰色のネズミ

テーブルの上の物を退けると灰色の小さなネズミが寝ている。触ろうとすると物凄い素早い動きで逃げるが、すぐになついて手に乗ってくるようになる。すぐに私の首に異変が出る。腫れて皮がブヨブヨになり風船のように膨れて割れて血が滲んだ。「ネズミの持つ菌のせいだ」と焦り慌てて病院に行く準備をしている所で目が覚めた。

[1739] 里美 (2017/10/25 水 14:46)

病院

無事出産したが手のひらサイズの牛のような顔の子供で、お腹の傷は自分で縫うんだって、と友人の旦那が針と糸で縫ってた。そこから場面が飛んで文章で何かの被害に合って友人とその母が死んだと書いてあるところで起きた。怖くて再度眠れない。

[1738] みー (2017/10/11 水 04:30)

病院

友人の出産のため私の車で病院へ向かう。私の出産した病院は大病院で、環境もよかったため勧めた。予約してあったが番号札を渡され待合室で友人、友人の家族、私で待っていた。予約時間になったが呼ばれない。前の人が時間がかかっていると。場面が変わって、間に合わなかったと泣いている友人。そこからまた画面が変わって待合室の、予約時間ギリギリに戻ったため、近くの小さな違う病院へ行こうと私が提案。車で向かい、

[1737] みー (2017/10/11 水 04:29)

夕方に見た夢

ほぼ毎回、寝れば夢を見ます。カラー、繊細なところまで覚えていること多数。このようなサイトを見つけたので書き込ませていただきます。

夜の見たことのない道路を子供が乗るような小さな自転車に乗って走っている。持っているカードに書かれている女の子のおうちに行くためだ。大きな道もあれば、小さな小道もあり、小さな小道は大抵障害物が置かれている。水飴で固定されたビニール袋や、ゴミ回収の際に置かれるような箱など。わたしはそれに引っかかることなく進んで行けた。時折、川沿いの土手に出ることもあった。そこではバーベキューをやっていた。みんな冬物の上着を着ていた。寒そうだった。
<同じ夢の中だけど違う話>
わたしは塾に通っているようだった。時折塾に行かなければならないと言っていた。回数券があり、それを提示することで受けられる塾。夢の中では友達に塾まで連れて行ってもらうようにお願いしていた。友達の運転は荒く、雨のせいもあり、すごくフラフラとした運転だった。塾が終わり母親が待っていた。その塾はすごく薄暗くて、古い日本家屋のようなところだった。陰気な感じのする男の人がいた。二言三言、言葉を交わし、近寄ってきて気持ち悪かったのでそ早々に塾を後にすると、その陰気な男が母親の車に乗り込もうとしていた。

[1736] ぽぽこ (2017/10/04 水 17:09)