夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


過去ログ5

words

select

初夢ですが….

初夢なんですが、とても不思議な夢でした。
私はいつも自転車で移動しますが、自転車で家に帰る途中に学校の同級生の男子(近所ではありません)に会ったんです。しかし、その男子の様子がいつもと違い、なぜか私の顔ではなくお尻を見てて、「どうしたの?」と私が聞くと、その男子はいきなり私のお尻急に触ったり体の匂い嗅いだり…
もう恥ずかしさと早く通報しないと!て感じで顔真っ赤にして泣きながら家に帰った夢を見ました。
起きてからも、手の痺れと動悸が止まらなくて…最悪な初夢でした。

[1556] リュナ (2016/01/11 月 11:32)

実習

大型デパートで実習をする事になっているが、到着が遅れ10分遅刻してしまう。エスカレーターを降りてすぐの所でリーダーらしき中年女性が若い女性スタッフ数名を指導している。遅刻を詫びた後、実習が始まる。車椅子のお客様が来店した時の対応の練習で、スタッフ皆が車椅子を押していた。その内にそばにあるエレベーターから大勢のお客さんが降りてきて、スタッフと共に一生懸命「いらっしゃいませ」を繰り返していた

[1554] もも (2016/01/06 水 14:15)

全身火傷の少女

卒業した小学校の校庭にいる。遠くから全身が炎に包まれた少女が走ってくる。火はすぐに消えたが少女は全身火傷状態。病院に行くように言うが少女は平気そうな顔をして普通に行動をしている。何者かが少女の全身にクリーム色の液体のような薬をかけて応急処置?をする。少女が心配な私はなぜか病院でなくバイト先のリーダーに電話をしようとする。が、なかなか繋がらずイラだつ。
ここで目覚める

[1553] もも (2016/01/06 水 14:00)

不幸せな夢。

赤ちゃんを妊娠。彼氏も旦那もいないが無事出産。家庭内出産だった。父と母、姉と兄と弟と住んでおり、父は日頃から暴力的な人だった。
娘の私が無事出産したことを知ると、「隣の人は赤ちゃんを投げて育てているらしい。手本を見せてやる」と私から赤ちゃんを取り上げようとした。必死で抵抗していると、兄が父の後ろからナイフを振り上げ何度も何度も刺した。母が兄を刺す。目についた私の腕と脚にもナイフを振り上げた。見かねた姉が母を刺した。しかし母は抵抗した。私もナイフを母へ向け、何度も刺した。そして生き残った姉と弟と共に、私は生まれたばかりの赤ちゃんを抱えてそこから逃げた。

[1551] 秋子 (2016/01/02 土 13:11)

後悔と懺悔

薄暗い体育館のような場所に100人くらいの大人数で集められる。チーム分けをして、煙草の火を煙草同士をくっ付けてつけていくリレーをやらされる。煙草なんて吸ったこと無かったのに手慣れた様子で煙草を吸う。
場面が変わり、珍しい虫を探すために、白いタオルを頭から被り、毛虫のいる屋根の下を走る。毛虫が大量に落ちて来る中、黒いおたまじゃくしのような大きい物体の尻尾が足に刺さっていることに気がつく。それは、命を食べる怪物だった。怪物を素手で倒す。

[1550] Sbalu (2016/01/02 土 08:46)

不思議な夢

私は昔から変な夢をよく見ます。
しかし、登場人物は毎回男性が出てきます。時々女性も出てきます。
昨日見た夢には、一つの家に女性がたくさんいて、私が「お疲れ様です!」と言っていたので、仕事場なんだと思います。
それから、周りからの視線がとても不思議で、私がある部屋に向かってる時にずっと見られてるんです。私、何かしたかな?と思うほどです。
私がいつその部屋に入ったかは覚えてないのですが、気が付くと水の中にいました。
どうしよ、水の中にいるのに息が...できる!!というのに驚いてたんです。でも、水の中は透き通っていてとてもきれいでした。でも、この時、「あれ?これ前にも見たきがする」と思った瞬間
水の中から顔をあげると人が立っていました。それにも驚いて声が出ませんでした。
その人は知らない男性でした。彼は「どうしたの?」と微笑みながら私に聞きました。
私は驚きで声が出ないので、ずっと黙っていました。
それから「どうしよ、どうしよ」と焦っていました。
すると、また彼の方から「大丈夫だよ」と微笑みながら言っていました。
水の中から出ると、彼の方から「じゃあね」と言って夢が終わりました。

私は寝るたびに夢を見ます。時々こういう夢を見ます。現実なのではないかと思う時もあります。

[1549] つくし (2016/01/01 金 23:41)

アニマル大発生!!

新年早々見た夢です。初夢ではありませんが…。

犬と川沿いを散歩中、見慣れぬ動物が川の中にいました。気になって覗いてみると、すぐ足元にコアラが居ました。不思議に思ってあたりを見ると、虎や大蛇など、様々な動物で溢れ返っていました。とりあえず市役所に電話しようと思い電話しました。
「あの、川に動物が沢山いるんですが、何かご存じありませんか?」
「どんな動物がいますか?」
「えっと、大きなネズミみたいなのとか、コアラとか…」
「あぁ、ウォンバットですね、分かりました今から向かいます」
と言って、捕獲する人が来るまで川沿いを歩き、待つことにした。(このときなぜウォンバットと分かったのかは分かりません)
駅まで歩いていくと、捕獲する人たちと周りにいる人たちで一斉に捕獲が始まりました。それが終わると私の元に一通のLINEが届きました。それに返信すると何故かお礼とは無縁の「メリークリスマス」の言葉がありました。どうやら最初のLINEこそ手動だったものの、返信には自動で返すBOTのようでした。そこで夢は終わりました。
(一つ気になったのは、現実のLINEと夢のLINEの音がリンクしていたことです)

久々にインパクトがある夢だったので投稿します。

[1548] ゆき (2016/01/01 金 18:04)

不思議な夢

非常に不思議な夢なので投稿致します。

 ある日自分は熱があるのか保健室のような場所で寝ていたら、隣の小学校3年生くらいの女の子が「熱い」と言っていたので床暖房を切ってあげた。
 場面が変わり父が入院している病室へ。姉と一緒に見舞うが誰も口を利かない。そんな中父が尿なのか吐瀉物なのかわからない液体を出したので逃げてきた。
 また場面が変わり今度は図書室のような場所へ。そこで先ほどの女の子を含めた10人くらいの小学校低〜中学年くらいの女の子と仲良くなる。しばらく一緒に遊んでいるがそんな中兄から「父が死んだ」と報告を受ける。更に兄は「13時半に霊安室へ来い」と指示する。
 霊安室に向かう途中、頑丈な扉があり、あけるとつららが張る凍てつく世界。その中に井戸みたいなものがあり、門番が「そこに入れ」という。
 井戸に入ったのかどうかは不明だが次は電車のシーン。その中で先ほどの女の子たちと再会する。彼女らは「1人を除いてあなたについていきます」と言った。ちなみについてこなかった1人は私が忙しそうに見えたので悪いと思ったからついて来なかったらしい。他の乗客の老婆からその電車は冥界行きだと聞く。そういえば車窓から見える風景は潰れた店や会社ばかりだ。また、この車両もよく見たらJR東日本ではもう使われていない103系だった。
 廃ビルの入口のところで電車が止まったのでそこからは歩いていく。私は女の子たちに「ここからは大人と一緒のほうがいい」と言ったが、彼女らは「私たちを信じて」と言った。彼女らと冥界に向かうトンネルを下る。そこは真っ暗で何も見えなかった。
 トンネルを下っているときに目が覚めた。

注1 父は亡くなっています。
注2 兄や姉は実の兄や姉でなく、また現在絶縁しています。
注3 女の子たちは1人だけ名前がわかっていますが年齢が異なります。
注4 私は40歳ですが、夢の中ではもっと若く(20歳くらい)感じました。

[1547] キング (2015/12/31 木 12:29)

熱が出るときにいつも見る夢。

ライオンが王様になってネズミに料理を運ばせている。
ネズミは下水道を通ってせっせと働いている。
きつねは王様にこびを売っている。
ライオンの王様の言うことに従わないと食べられて殺される。
この夢を熱が出た時に毎回見ます。

[1543] ライオン (2015/12/23 水 16:09)


Re: 熱が出るときにいつも見る夢。

私もそんな夢見たことあります!!
なんか、変な感じですよね〜。わかります!

[1546] ここ (2015/12/24 木 18:09)

とにかくメチャクチャな内容

どこかの国に家族で旅行に行く。ホテルに滞在するのだが、そこには奇妙な絵が飾られていた。ここで何故か修学旅行という設定に変わり、おかっぱ頭の先生と仲良くなる。何日か過ごすうちホテル主催の有名大学の見学ツアーに参加することになる。バスで現地へ向かった。そこで各自見学を始めた直後、突然に捕まったら死ぬという鬼ごっこがスタートする。私はとっさに建物の中に入り、宝箱に身を隠した。なぜか鬼たちはその宝箱を開けようとしなかったため、生き残ることができた。四回遠吠えをすると鬼の仲間になれるようだったが、そうはしなかった。ここで、弟を連れて逃げる女性記者が、大学の敷地内に住む不思議な少女に助けられ、大学から脱出する場面に変わる。来るときはなかった筈の湖をボートで渡ると、民間人のいる公園に辿り着いた。そこにはホテルで見た絵に酷似した銅像があった。そこから次回予告のような映像が流れ始める。弟は鬼たちと深い関わりがあり、鬼の味方をするようになるという内容だった。その映像を見ていると急に目が覚める。と、足が何かヌメヌメしたものに触れる。何であるか確かめようとしばらく触っていると足が痺れはじめる。驚いてベッドから転げ落ちると、蛇のような生物が布団の隙間から顔を出した。急いで母を呼び、その蛇を捕まえてもらった。そのとき初めて部屋がガラス張りであることに気付く。そして外でクラスメイトが呼んでいるのが見えた。その日は私の母校の校庭を借りて、バーベキューをクラスみんなで行う予定だったのだ。急いで支度をして友人と母校に向かった。着いた頃には既にバーベキューが始まっていた。なぜか昔好きだった人もいて、複雑な心境でパプリカをかじった。

という夢を見ました。心底訳が分からない。

[1545] デイドリームビリーバー (2015/12/24 木 14:02)