夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


あべちゃん

SnowManの阿部くんが出てきた
「写メ一緒に撮っていい?雑誌持ってますと」聞いたけど
ダメだった。
2階に行ったりした

前にお父さんが寝ていた奥の部屋にベッドがある
一緒に阿部くんと行って私は寝なかった。けど阿部くんは寝てしまう
他にもベッドがあって一般の知らない女性が寝ていた
暗い部屋でそれは診察室だった

話をしたり
手を繋いだり、彼氏彼女みたいに
ふんわりとした一緒に住んでいるような感覚だった

ーーーーーーーーーーーーーー
他にもメンバー出るといいなぁ🌱

[2072] まい (2023/01/07 土 15:01)

悪夢

子供が新生児に若がっており発熱。鶏肉の調理をしながら世話をしているとアレルギーが出て慌てる。場所は長男と次男が暮らす地域。なぜか隣接して暮らしていてお嫁さん同士で笑い合う姿が見える。ふと母親の声で「娘が下の世話をするものでしょ」と聞こえる。前を見ると飲食店が火事になっており「こうゆうときこそ慌てるな」と声が聞こえるが一方で「慌てないなんて馬鹿だ」とも聞こえる。

[2071] ここ (2023/01/07 土 01:46)

女兵士選出

私は多目的教室にいて、周りは自衛隊の
迷彩服を着た女性がいました。
みんな深刻な表情をしてその空気がわからな
かったのですが、私は何故か選出に残った
みたいでまさか戦地にいくのか
と不安になってました。
その集団の中に車椅子で年の召した
気丈夫そうな人がいました。
発表が始まるとその人も選ばれ
私も選ばれたのですが、その時の感情
はなんとも言い難い感じで
泣いていたところで目が覚めました。

[2069] サーヤ (2022/12/21 水 23:48)

診断できず

エラーで診断ができませんでした。大変混み合っているというメッセージが出てきます。

[2062] 夢占い (2022/12/09 金 07:05)


Re: 診断できず

もう売ってしまった実家に帰ってきたら寝室だった部屋で酔った先輩(好きな人)と母親が手を繋ぎながら寝てて離れたところで私の息子が寒い中布団もかけずに寝てて息子を抱き締めながら泣いた。その後母親と先輩が起きて私が母親に泣きながらなんで私と先輩が仲が良いって知っているのに奪おうとするのと切れた。先輩にも親子に手出すってどうゆうことだよって泣きながら切れた。二人の反応は特になかった。実際起きたときも泣いていた。

[2063] ななし (2022/12/10 土 08:07)


Re^2: 診断できず

お待たせしました。
不具合の修正を完了致しました。
今後も「夢占い診断書 ユメカルテ」をよろしくお願いします。

[2068] ユメカルテ (2022/12/12 月 23:27)

楽しい

中学時代の友だちが我が家でプリントの国語の問題を解いているのを手伝う。文庫本小説は歌の歌詞と細かい注がたくさん。リアルな挿絵イラスト。女友だちも2人。暴風入る窓を閉めコタツに入りと云う。いつの間にか高校時代の友だち数人もコタツに入り雑談。楽しい。母が弟に勝ったね。

[2067] BTM (2022/12/12 月 06:21)

診断できなかったので

今日は2回悪夢を見た。具体的には書きたくない。あえて書くなら北斗の拳の100倍くらいバイオレンスアクションの実写映画と漫画。血と暴力の世界。警察官では抑えられない。小生バイクで逃走。3回目の悪夢で味方で仲間の最強アンドロイドロボット3体作り暴漢をやっつける。怖かった。

[2066] BTM (2022/12/11 日 10:13)

診断できなかったので

親戚の叔母さん夫婦が、私の家に入ろうとしてたのを私が見つけたらとっさに隠れて、しばらくしたら今度は叔父さんが家に来て私に「自分が昔言った事は全部忘れてくれ」と謝罪して帰っていった。

という夢を見たので、早速夢占いをしようとしたら「時間をおいて〜」と表示されたので
こちらに来ました。

[2065] Rumi (2022/12/11 日 03:30)

黒い影

夕方くらいに行ったことのない公園で小学生くらいの女の子であろうと思われる真っ黒な影に追いかけられる夢

[2064] むち (2022/12/10 土 08:16)

(因みにあまりのキツさに目が覚めてから吐いた)

私は誰かと話していた。その誰かは私の事、私の家族の事を馬鹿にしてきた。私が怒ると、その様子を動画配信していると言ってきた。更に私が引きこもりだった事、その原因がいじめと体罰であった事までベラベラ話し出した。裏切られた気持ちになった私は、カメラを奪おうとした。しかし私が奪ったのは、撮影していた誰かの命だった。

[2061] 病人A (2022/11/07 月 11:11)

うさぎの幽霊に取り憑かれたとき実際に足が痺れた

話はとある神社の横にある、心霊スポットの暗い洞窟に入るところから始まる。3人で小型車に乗って奥まで行くと、赤ちゃんの泣き声がする。音の近くまで行くと赤ちゃんの人形が落ちている。慌てて引き返して、その日は終了。しかしなぜか心霊スポットの横にある神社へお祓いをしにいくことになって、母親の運転する車に乗った。今日祓ってくれるのは有名な人で、神社に近づいたときFacebookでいきなり電話が来た。向かっているとは言っていないのに、私の気配を感じて向かってきてることを言い当てていた。到着して車から降りると、霊能者のおばさんは「あなたの左足にうさぎの幽霊が取り憑いている」といい、その瞬間左足にうさぎが噛み付いたかのような痺れを起こして、その場で動けなくなった。お経を読んでもらって、その場では痛みからすぐ解放された。ここからはお祓いが始まるが、お賽銭箱の前でお祓いを受ける大量の人が列をなし、バイキングのように食事を取ろうとしている。どうも祈りながら一口食べたりよそったりすることで祓うことになるみたい。私は1回失敗したけど、もう一度前の人を見ながら同じことをした。その後、みんなで集合写真を撮ることになって、母親と並んだ。隣には30代前半くらいの男性がいて、その人はなぜか私の足を触ってきた。現実的には言えない性格だけど、そのときはムカついて列から離れて1番端に座った。写真撮影のために列を整理していたであろうおじさんに嫌味を言われたものの、強く言い返した。

[2060] まる (2022/10/07 金 08:33)