夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


病院

無事出産したが手のひらサイズの牛のような顔の子供で、お腹の傷は自分で縫うんだって、と友人の旦那が針と糸で縫ってた。そこから場面が飛んで文章で何かの被害に合って友人とその母が死んだと書いてあるところで起きた。怖くて再度眠れない。

[1738] みー (2017/10/11 水 04:30)

病院

友人の出産のため私の車で病院へ向かう。私の出産した病院は大病院で、環境もよかったため勧めた。予約してあったが番号札を渡され待合室で友人、友人の家族、私で待っていた。予約時間になったが呼ばれない。前の人が時間がかかっていると。場面が変わって、間に合わなかったと泣いている友人。そこからまた画面が変わって待合室の、予約時間ギリギリに戻ったため、近くの小さな違う病院へ行こうと私が提案。車で向かい、

[1737] みー (2017/10/11 水 04:29)

夕方に見た夢

ほぼ毎回、寝れば夢を見ます。カラー、繊細なところまで覚えていること多数。このようなサイトを見つけたので書き込ませていただきます。

夜の見たことのない道路を子供が乗るような小さな自転車に乗って走っている。持っているカードに書かれている女の子のおうちに行くためだ。大きな道もあれば、小さな小道もあり、小さな小道は大抵障害物が置かれている。水飴で固定されたビニール袋や、ゴミ回収の際に置かれるような箱など。わたしはそれに引っかかることなく進んで行けた。時折、川沿いの土手に出ることもあった。そこではバーベキューをやっていた。みんな冬物の上着を着ていた。寒そうだった。
<同じ夢の中だけど違う話>
わたしは塾に通っているようだった。時折塾に行かなければならないと言っていた。回数券があり、それを提示することで受けられる塾。夢の中では友達に塾まで連れて行ってもらうようにお願いしていた。友達の運転は荒く、雨のせいもあり、すごくフラフラとした運転だった。塾が終わり母親が待っていた。その塾はすごく薄暗くて、古い日本家屋のようなところだった。陰気な感じのする男の人がいた。二言三言、言葉を交わし、近寄ってきて気持ち悪かったのでそ早々に塾を後にすると、その陰気な男が母親の車に乗り込もうとしていた。

[1736] ぽぽこ (2017/10/04 水 17:09)

ある夏の日

晩夏の昼下がり、伯父の家に来ていた。伯父夫婦はおらず、僕はいとこ達と他愛もない遊びをしていた。お腹が空いた様なので、火を使わない料理を、という訳でおにぎりをしてあげた。もうすぐ伯父たちは買い物から帰ってくるはずなので、お昼2回になっちゃうね、食べれるかなとかそんなことを話したように思う。僕も午後から仕事があったので、伯父たちを待たずして家を出ることになった。靴を履いて出ようとしたら、従姉妹が「それ、違うよ。お父さんのだよ」と言った。僕は履くスニーカーを間違えていたのだ。でも、伯父のものは履く前に手間取ることもなくスムーズに履くことが出来て、履いた後はしっかりと自分の足にフィットする、そんな素晴らしい靴だった。それに対して僕の靴は、1回靴紐を緩めてから足を入れてまた紐を締める、といった面倒くさいヤツだった。僕は伯父を羨ましく思った。こんなに良いものを履いているのかと思った。僕にお下がりでくれる靴はこんなに履きにくいのに…そんな恨み言も心の中で吐いた。

[1735] しらたま (2017/10/04 水 07:37)

祭と御坊さんとトンボ

久しぶりの投稿です。毎回ながらまとまりのない文章失礼します。今日見た夢は夜の民家の少し細い路地に提灯を飾った山車がお囃子を鳴らしながら複数の人達に曳かれて入って来ました。私もその賑やかな中に混ざっていると、山車は民家の屋根スレスレの所に寄り始め、民家の屋根を擦り、私の家の屋根も擦り付けてバキバキと割って行きます。私はそれを見て叫んでいると祭を曳いてる人が「祭の山車何だから屋根くらい壊れたってバチは当たらんだろ!感謝しろ!」と言って去って行った。泣き寝入り状態になっているといきなり御坊さんが隣で何かおまじない的な印を切って私に微笑みかけます。そして、一言大丈夫と声をかけてもらうと、私も何か思い出した様に印を切って二人で微笑みながら家に入って行きました。そして、画面が切り替わりテレビを見て何かよく分からない行動をしているとそこへ父が表れ何か私と話しています。そして私の近くに虫の存在を感じ初めは大きなヤブカかと思い込んで父に蚊を殺して!と頼みます。しかし、良く見ると緑色の小さなトンボのような虫だった。そのトンボにずっと襲撃されて目が覚めました。この夢のアドバイスお願いします。

[1734] サーヤ (2017/09/29 金 05:05)

追いかけ、質問され、それに返答する夢

○夢の内容
白い建物の中で、銀色の軽装甲の甲冑を着た、銀髪で、蒼い瞳をした女の子を、自分が何かに取り憑かれたように必死に追い回していた。
しばらくしてその女の子が逃げるのを止めて自分の方を向いて怯えた表情で、「どうして私を追いかけるの?」と質問してきた。
それに対して自分は「より良い自分になれるからだ」ということを言ってしまった。

○感想
最後に答えた言葉がなぜかはっきりと思い出せず、色々試していましたが、やっと思い出せたみたいでスッキリしました。
今回の夢の内容を思い出しつつ何回か再占いしていったら、少しでも余分な情報を付け加えたり、曖昧な部分を「たぶんこうだったろう」ということで、自分の解釈で入力してしまうと、占いの結果がズレるみたいなので気をつけた方が良いと思います。
例えば、今回の場合は銀髪を黒髪に変えたり(これは興味本位でワザとです)、悪魔に取り憑かれたみたいに(悪魔かどうかは分からない)とか、立ち止まって質問したのか、逃げながら質問したのかを、自分では分からないのに入力してしまったり、質問したときの表情について入力しなかったりなど…
一応それらの占い結果にも目を通して留意はしますが。

使用方法に「曖昧な表現は使わないように」とありましたので、
おそらく「夢の中で曖昧だった、分からなかった箇所についても推測で入力はしないように」ということなんだろうと思いました。

[1733] 零時 (2017/09/26 火 22:36)

内臓にさつまいもが根を張ってる夢

最初は女の子を妊娠したと思いこんでて、旦那と喜んでいて、少しお腹が大きくなったときに息子と一緒に病院に行った。
それでエコーでお腹の中を見たら、赤ちゃんらしきものが鮮明な赤紫色で(何故かモノクロでなくカラーのエコーだった)、よくみたら赤ちゃんじゃなくてさつまいもだった。
他にも内臓に数種類の野菜が根を張っていていたんだけど、さつまいも以外覚えてない。
それで緊急手術をすることになって、息子を病院の保育施設に預けながら旦那と親に連絡してるところで目が覚めた。
夢の中の私は全然焦ってなくて、さつまいもだったかぁって少し残念に思っていたような気がする。
起きたら不気味な感じがして不安になった。

[1732] あみり (2017/09/21 木 02:44)

私だけ置いてけぼり

修学旅行で山梨県の近くに行った。みんなはバスに乗って移動しているのに私だけ自転車で移動していた。自転車に乗っているとおじさんが話しかけてきた。暫くすると雨が降ってきたので近くのコンビニに入って雨合羽を探した。店員に聞くとここには置いてないが、近くの服屋に売っているという。そうこうしているうちに雨が止んだので、スマホで地図を出しながら移動することにした。

[1731] ほくろ (2017/09/20 水 08:29)

騎馬戦で勝つ

騎馬戦で勝ちました。
敵は30代くらいのホスト系チャラい男で細いですが大きい人。私は130センチくらいの小学生でした。絶対勝てないと思ったところ相手がとても油断していたのて勝てました。周りの人たちからは歓声が上がっていましたが、運動会も先生たちだけにはドーピングを疑われ、学校の授業に集中できなかった。という夢を見ました。私は騎馬戦一度もやったこと無いです。

[1730] まな (2017/09/10 日 10:52)

不気味なドライブ

私は車でドライブに出かけていた。何回も給油して、たどり着いたところは知らない街だった。そこには体育館があり、中
に入るとママさんバレーの練習中だった。選手は怖くてイジメも勃発していた。早々と逃げるように街から出た。友達と合
流して、友達が車を運転して私はバイクを運転していた。友達は車を体育館の近くに駐車して消えた。私はバイクのガソリ
ンがなくなったので団地に止めて、団地の親子にガソリンスタンドはどこか尋ねた。ガソリンスタンドを教えて貰い、バイ
クで向かおうとすると、その団地で女性が自殺した。そこから、街の雰囲気がおかしくなり、私は帰りたくなったが、車と
バイクをどうやって家まで持って帰ればいいのか分からなくなった。家に着いた。バイクと車は置いてきたままで、家で地
図を開くと、あんなに長い間運転して着いた知らない街だったのに家から凄く近い所だった事が分かった。母親に頼み一緒
に取りに行ってもらおうとしたが車が無い。私は自宅の駐車場に行き、どうするか考えた。タクシーでバイクの駐車場まで
行き、車もタクシーでその場所まで取りに行くしかないかと悩んでいるうちに、父親と母親が駐車場に来た。自宅のマンシ
ョンの駐車場でも自殺がおきていた。両親に車もバイクも置いてきたことを言いたいのに言える雰囲気では無く、焦りと戸
惑いで苦しかった。

[1729] 夢カルテ 常連 (2017/08/31 木 13:38)