夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


成人式のような変な夢

真夜中のスーパーに身を潜めている。有名youtuberの人と中学時代の同級生が夜中の閉店後のスーパーで酒瓶を割り酒を飲むどんちゃん騒ぎをしている。ちゃんとスーパー側から許可してもらっているのかを質問する私を無視する同級生とyoutuberの人に嫌気がさし、一箇所ドアが開いていて光が漏れているのでそこに向かうと外では無く祖母の家の居間でお遊戯会や学芸会かのように保護者達がずらっと並びカメラのフラッシュをたきながら晴れ姿でポーズをとる同級生達を撮っていた。保護者の中には私の身内もいた。どうやら私達の成人式の日のよう。でも私は晴れ姿では無く普段着のままだった。成人式が行われている事を知らなかった事にだんだんと腹が立ってきて、ポーズを決める同級生や友人達を真顔のまま素通りして祖母宅から出た。駐車場のある道へ向かう途中に小学生がたむろしていて1人の男児が私を見て、デブが来たー!と大声で叫んだ。隣にいた男児の友達らしき女児と男児が叫んだ男児を注意していたが私はその注意を阻止して男児にデブで悪かったねー!デブって言うなー!と笑いながら男児の脇腹をくすぐった。男児も声を上げて笑っていた。たむろしていた小学生に道を開けてもらい道を進むと今度は道端に高校時代の同級生の男子が何人か隠れるように転がっていた。思わず、まだ(人が)いたんかい!と突っ込んでしまったが最後にいた男子が片思いの人で、さらに顔を跨がないと通れない体制だったのでドキドキした。何してるの?と聞くと指で何処かを指し、指した方向を見てみると成人式の集合写真を撮っていた。その光景をみてまた怒りと悲しさが込み上げ自宅に早足で向かった。
自宅に帰宅するとかわいい女の子(といっても中高生)がいた。誰なのか分からずキョトンとしてると、お風呂に入れてほしい。と言われ、え?自分で入れないの?と聞く首を縦に振るので渋々入れてあげる事になった。全裸になった彼女を見て女ではなく女装した男であることが発覚しすぐに浴室から出ようと後ろを向くと、女の子に興味ないから大丈夫。ゲイだから。と私の気持ちを察した様に言ってきた。
どうにか、やり切って浴室をでると帰宅途中に会った中高時代の同級生達が沢山、私の家に来ていた。

[1889] なな (2019/08/06 火 16:33)

不思議な女の子

ふと気づくと目の前に女の子が居ました
周りは土手があり緑も多かったです。
ブランコかベンチかはわかりませんか女の子はそこに座っていました
おそらく遊んだかお話しをしたと思います
その後女の子は古い詩?もしくは古い喋り方で「またどこかで会いましょう」とここだけ
起きて冷静になるまで難しい言葉で言われました。
またその数年後同じ女の子に会いました
今度は地下鉄または大きい病院の様な
長い通路を歩いた先の奥にある部屋の扉を開けるとその女の子が居ましたその他にも子供はいましたが女の子に「久しぶり」といった感じの話をされましたが「もう時間だから」と言われ再び古い言葉で「また会いましょう」で目覚めました

[1888] えーいいち (2019/07/24 水 08:24)

珍しく全て記憶のある夢

夫婦で綺麗なレストランで食事をする。その後、豪邸に戻る。私はお手伝いさんと男性と3人で料理をしていた。男性といちゃついていた。その夜、館で寝ているとその布団が虫の死骸など汚い事に気づく。壁にはオオトカゲのような物があり、みんなでじっと見ていると動き出す。それから逃げる為館を逃げ回る。最後にカゴは出口だと知っていた私はそこに入り逃げ出す事に成功する。その後みんなでカゴはなんで出口なのかを検証していた。夫が朝、風俗に初めて行って来たと嬉しそうに言って来た。

[1887] iさくら (2019/07/24 水 06:34)

知らない女性が殺される夢

場所→自分の住んでいるアパートと似ているけど、少し違う場所
私と彼氏、彼氏と私の共通の知人とその奥さんで、夜プチパーティーをしていた時に
女性の悲鳴が聞こえてきて、窓の方を見たら、網戸越しに隣のアパートから女性が転落した。
怖くて固まっていたらまた女性の悲鳴が聞こえてきて、さっきとは違う女性が転落した(1個下の階で)
女性が落ちる瞬間、20代位の男の人が女性の後ろ側に立っていて女性を押していた。
犯人は大きな悲鳴が2回もしたせいか、動揺して2人目の女性が転落した場所から飛び降りて
逃げていってしまった。それの一部始終を目の当たりにしてしまい夢の中で自分も
殺されるのではないかと怯えてしまいました。

目が覚めて、夢見心地が悪くどんな意味があるか、知りたいので教えて下さい。お願いします。

[1886] あかね湖 (2019/07/22 月 12:16)

警告でした

ペンギンとアザラシ。動物園で流水に乗る。家に帰ったら、大きな蜘蛛の巣。蛾が絡まっていた。家の全て出入り口に蜘蛛の巣だらけ。部屋になんとか入っても、蜘蛛の巣。そして壊そうとして掌ほどの大きさの蜘蛛を見つけた。怖かった。

掌ほどの大きさの蜘蛛が怖すぎました。
蜘蛛の巣の糸の太さが尋常ではなく、不快感も大きかったです。
おそらく蛾のものと思われる、たくさんの羽?のようなふわふわした白い何かが蜘蛛の巣全体に引っかかっていました。玄関全体を覆うほどで、壊して中に入るには、不快感が強く、壊せませんでした。
こんな夢見たくなかった……

[1885] +++ (2019/07/21 日 06:40)

鑑定お願いします

知らない女の人たちが旅行に来た現場に居合わせ、女の人たちが海へ入り始めた。
海はすごく綺麗に澄んでいて、自分も入りたいと思うような様子だった。
けれどもそこは海水浴場の様な砂浜のある海ではなかったので、海へ降りるまでの崖は険しく、自力で降りるのはだいぶ危険なように思われたため、私は女性達が海へ入ろうとする様子を眺めているだけだった。
私は海へ入るのを諦め、恐らく自分が泊まっていた?建物へ戻ろうとしたところ、急に足元が崩れ落ちて海へと真っ逆さま。
始めは崖から海への高さは精々10メートルほどと思っていたが、落ちた時の体感はもっともっと高いように感じた。
自分が落ちてどうなったのかは分からない。
落ちる瞬間はとにかく怖くて、もう駄目だと思ったし、死ぬものだと思った。
海に着水した感覚は無く、別な場所に落ちた感覚も無かったけれど、落ちた時はとにかく真っ白い景色で只管眩しく感じだから、もしかしたら死んでいたのかも知れない。

[1884] ななし (2019/07/14 日 11:31)

夢鑑定お願いします💦

近所に住む数年会っていない友人から何故かカッターシャツにスラックス姿の男性の首から下の写真を見せられるという夢でした…
しかも友人に「この太くて短い首の人って(私の名前)のお父さんだよな?」っと言われ、私も「そうそう」と父であると認めて納得していました。
そして友人はそのまま居なくなりました。

現に父親は首が短く太いのですが、その写真には顔なんて写っておらず父であるかなんてわかるはずもないのですが、母と一緒になってその写真を眺め「あぁ…そうそうこの首そうよ」と語り合っていました…ちなみに父とはもう10年近く一緒に暮らしておりません。
夢の中ではその写真に対し何の嫌悪感も抱いていませんでしたが起きてからは不気味さと奇妙さと怖さと色々気になる夢で不安です💦
何か父に危険でも迫っているのでしょうか?
鑑定お願いいたします!

[1883] k (2019/06/16 日 09:10)

いい夢だと捉えていいのでしょうか

サークルの活動後、皆でファミレスでご飯を食べていると遅れて気になる異性(サークルの後輩)が現れた。私と彼はほぼ向かい合うような席に座っていたが特に会話するようなことはなかった。
場面が変わり、体育館でサークルの練習をしていた。私は休もうと思い、体育館の最端に置かれた二段ベッドの方へ移動した。下の段のベッドでは同性の友人が既に座って休んでいた。私も友人と同じベッドの上に座り、他愛もない会話をした。すると、気になる異性がこちらに向かってきたため私はベッドから出た。気になる異性は私の手のひらの上にフリスクを5粒ほど渡し、「夏ですね、あなたと恋がしたい」と言った。私は困惑したため特に答えずベッドに戻り、友人にフリスクを分けて食べた。その後今度はフリスクのケースごとベッドの上に置かれ、気になる異性は去っていった。
場面が変わり、私は運動着から普段着へ着替えようとしていた。私の足元には大量の靴が並べられていたがふと気がつくと全て無くなっていた。

[1882] なつのはじまり (2019/06/11 火 13:48)

鯉の夢

前のバイト先のお兄さんと駅近くでご飯を食べに行った。
そこで余ったパンを近所の鯉にエサとしてあげていた。すぐ食いついて、地上にもエサをちぎって投げたら水中から飛んでエサに食らいついてきて気持ち悪かった。地上に出た鯉はだんだん弱ってきて、死ぬと鯵の開きみたいに鯉の開きになっていった。
気づくと自分の家になっていて、その部屋の中にさっきの死んだ鯉たちが数匹いて、庭で掃除中の母に鯉の片付けを手伝ってもらった。本当に鯉が気持ち悪くて嗚咽しながら駆除した。

[1881] ソルマ (2019/05/30 木 07:25)

ラブな感じだと思った?残念!ホラーだよ!!

夜の公園で何をやったのか言ったのかは分からないが、不良が2人怒った様子で追いかけて来た。
「待ちやがれ!」とか凄い怖い声で言ってたから、多分何かやらかしたと思う。
そろそろ疲れてきたとスピードが遅くなると突然、腕を引っ張られ誰かに抱き締められた。
筋肉が凄かった。
実際にそういう経験が無いから凄くドキドキしていた。
その間に不良達は見失って諦めて帰って行ったのを見て、自分は助けられたのだと思った。
その助けてくれた人は男性で、少し肌が焼けていて赤い目をしていた。
助けてくれた上に家まで車で送ってくれた。紳士だった。
何度も頭を下げてお礼を言うと、気にしなくていいと言われた。
が、自分は気にするため後日会う約束をしてコーヒーとかを渡してお礼をもう一度した。
それがきっかけで、仲良くなった。
ドライブしたり、一緒にお菓子を食べたり、四つ葉探しを手伝ってもらったり、色々なことをした。
そんなこんなで過ごしていたある日(夢の中で日にちとか分からないが)、その人が仕事か何かで暫く会えなくなるかもしれないと言った。
それからどのくらい経ったのか、私はまた公園で追いかけられていた。
最初に追いかけてきた不良とは違っていた。
ガンッと体を壁に押しつけられ、嗚呼もうダメだと思った時、何かが光った。
眩しくて目を閉じ、そして開けると、血溜まりが出来、不良は倒れていた。死んでいた。
何が起きたのか分からなかった。
そして、誰かに抱きしめられた。
あの人だった。
「1人にしてすまなかった」と言った彼の腕や服に、血がついているのに気がついたところで目が覚めた。

そういう恋愛経験は一度も無いけどなんかいい感じだなと思ったら、凄いホラー(サスペンス)展開になっていて汗が凄かった。実際起きたらびっしょりだった。
あの血だらけの姿が今も頭から離れない。

[1880] 五穀米 (2019/05/25 土 14:45)