夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


No.1982への返信

題名*
名前*
本文*
パスワード
パスワードを設定すると投稿内容を削除できます
名前を保存する
 

投稿に関するご注意


  • 他人の名誉を傷つける書込み
  • 違法または公序良俗に反する書込み
  • 他人の個人情報を、当人の許可なく書き込む行為
  • 著作権等、他人の権利を侵害する行為
  • 本掲示板の容量を不当に浪費する行為
  • その他、本掲示板の正常な運営を妨げる行為
  • 商用、非商用のかかわらず広告行為

※ 上記に該当する書き込み、また管理人が不適当とみなした書き込みは無断で削除する事があります。

事前の葬式

私が家に帰ると、母親が大量のカブトムシを買ってきていた。私が虫に気がついて悲鳴を上げると、兄が「母が虫を買ったのは数日前」だと教えてくれ、自分も怖いのはよくわかると同意してくる。虫が怖かった私は自分の部屋に行くが、自分の部屋にももう虫が来ていて、至る所に巣を作っていた。悪寒がした私はこんな家にはいられないと家を飛び出す。そして近所の古具屋の近くに来た時、ふと古具屋の玄関にある巨大な蜂の巣に違和感を覚え、何故か近くにいた母親に聞くと、あの蜂も自分が買ってきたものだが、ばれなければいいだろうという。場面が変わり、私は自分の葬式をみていた。葬式といっても質素で、数人しか参列していない。そればかりか自分はまだ死んでいないものの、もうじき死ぬから事前に葬式を挙げているそう。誰も入っていない棺桶に花を添え、誰でも知っている悲しい曲を合唱するが、誰かの音程とリズムが外れてなかなか綺麗な合唱にならない。場面が戻り、虫の大繁殖が止まらず、我慢できない私は母親に「虫を捨てないなら自殺する」と言い、母親が拒んだので自殺する。自分の葬式を目の当たりにし、もうじき死ぬと分かっていたので不思議と怖くはなかった。

[1982] MK (2020/12/23 水 13:17)