夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


No.1965への返信

題名*
名前*
本文*
パスワード
パスワードを設定すると投稿内容を削除できます
名前を保存する
 

投稿に関するご注意


  • 他人の名誉を傷つける書込み
  • 違法または公序良俗に反する書込み
  • 他人の個人情報を、当人の許可なく書き込む行為
  • 著作権等、他人の権利を侵害する行為
  • 本掲示板の容量を不当に浪費する行為
  • その他、本掲示板の正常な運営を妨げる行為
  • 商用、非商用のかかわらず広告行為

※ 上記に該当する書き込み、また管理人が不適当とみなした書き込みは無断で削除する事があります。

続 高知

高知市内にあるショッピングモールへ友達と遊びに来ている。
私はまだ独身で若く、結婚が決まったばかりだった。
友達がお祝いしてあげるから、とフードコートへ行ったら、地方へ営業に来ていたお笑い芸人の人達が集まって昼食を取っていた。
吉本芸人とその他の事務所の芸人と二つに分かれていた。
私の旦那になる人もお笑い芸人で(でも夢には名前も顔も出てこない)、友達が「今度〇〇っていう芸人と結婚する嫁がこの子です」と余計な紹介をしてしまう。芸人の誰かが「じゃあ一緒に写真を撮りましょう」と言ってくれて、いつのまにか携帯に伸びる棒が付いており、それを使って大人数で写真を撮った。

場面が変わり、自分は子どもの授業参観へ向かっている。
一本道を車で走っていたら、前の赤い車が急に止まり人が降りた。ママ友が下の子を抱えてた。自分はそれをよけて先へ行った。駐車場に入り車を停めて、授業参観場所である野外の観覧席へ行く。一階に座ろうか二階に座ろうか迷っていたら、先程のよけて追い抜かしたママ友二人がこちらへ向かってやって来た。二人は二階へ行ったので、自分は一階へ進む。
座席の合間の通路を歩いていたら、赤ちゃんの何かを編み途中のものが落ちてきた。拾って渡してあげたその人から「どこかで一度会ったことがありますか?」と聞かれるけど、思い出せない。
人の好さそうな顔をした、自分より少し年下っぽかった。

場面が変わり、高知市内にある唯一のタワーマンションへ営業マンとして来ていた。自分が売った一室に住む人と打ち合わせがあり、合い鍵を使って先に入って待っていて欲しいと言われ、部屋の中に入る。
ピンクやグレーや黒を基調とした、自分の好みとは真逆なケバケバしい部屋の内装を見て、奥さんキャバ嬢だし仕方がないと思う。
しばらくしてキャバ嬢の奥さんが帰宅し、名刺交換すると、奥さんの名刺には小封筒が付いておりその中には小さなCDが入っていた。絶対に見ないと思う。
奥さんは店のHPの宣材写真が実物と全く違うことをとても恥ずかしがっていたが、こちらは仕事中なのでそういった細かいことはどうでもいいから、早く本題に入ってほしいと思って話を聞いている。

[1965] 雨 (2020/11/04 水 07:42)