夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


No.1918への返信

題名*
名前*
本文*
パスワード
パスワードを設定すると投稿内容を削除できます
名前を保存する
 

投稿に関するご注意


  • 他人の名誉を傷つける書込み
  • 違法または公序良俗に反する書込み
  • 他人の個人情報を、当人の許可なく書き込む行為
  • 著作権等、他人の権利を侵害する行為
  • 本掲示板の容量を不当に浪費する行為
  • その他、本掲示板の正常な運営を妨げる行為
  • 商用、非商用のかかわらず広告行為

※ 上記に該当する書き込み、また管理人が不適当とみなした書き込みは無断で削除する事があります。

先生が殺人鬼

2階の私の部屋に母がいて、話していた。すると1階の方から物音がする。「父かな」と思ったが、それを聞いた母は「もうダメだ」と呟き、殺されるということを察した。私は半信半疑でいつつ布団を被ってうずくまるとそっと私を抱きしめ「ごめんね」と一言残し、部屋を後にした。私はそのまま部屋にいて、物音の正体と対面する。部屋に入ってきたのは、物理の先生。静かにドアを閉め、鍵をかけた。何故か机の上にあった銃や凶器を手にし、私を殺そうとしてくる。銃弾は指先をかすめ、刃物で切りつけられそうになる。結局外には出られなかったがなんとか生き延び、また来る前の状態に戻った。対策をしようと思い、机の上の凶器をポケットに入れ、いざという時に使えるようにした。再び部屋にそいつが入ってきたのでその隙に部屋の外に出て、真っ直ぐ家から出た。追ってきているのがわかった。撒こうと思って塀によじ登ったがばれて、その後はとにかく逃げ回った。現実では優しい先生が殺人鬼と化しているのが怖くてしかたなかった。そして目が覚めた。

[1918] M (2020/02/23 日 09:23)