夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


No.1903への返信

題名*
名前*
本文*
パスワード
パスワードを設定すると投稿内容を削除できます
名前を保存する
 

投稿に関するご注意


  • 他人の名誉を傷つける書込み
  • 違法または公序良俗に反する書込み
  • 他人の個人情報を、当人の許可なく書き込む行為
  • 著作権等、他人の権利を侵害する行為
  • 本掲示板の容量を不当に浪費する行為
  • その他、本掲示板の正常な運営を妨げる行為
  • 商用、非商用のかかわらず広告行為

※ 上記に該当する書き込み、また管理人が不適当とみなした書き込みは無断で削除する事があります。

親に見つかる

何故か私は親の布団でひとりで寝ていて、夕方頃起きると、死ぬほど散らかっているはずの自分の部屋が床が見えるほど片付いていた。私は瞬時にHな落書き帳がなくなっていることに気付き、これは夢だ、覚めろと必死に念じた。次に私は親の布団で目覚めて、本当に夢だったんだ!と1ミリくらい安堵して自分の部屋を見ると片付いている。次の瞬間には親の布団で...を何度も繰り返される中でどうか私の部屋が散らかっていますようにと祈っていたら、いつもの散らかっている自分の部屋があって、心の底から安堵した。いとことスマホで動画を見ていた。充電が残り2%になったので元々付いていたらしいテレビを見ることにすると、有名なイラストレーターっぽいのが作業配信をしていて、「今は友人に送るための絵を描いています」と言いながら◯◯ちゃんへと書いていたのが私がネットゲームでよく絡んでいた友人で、私は何故かいとこでなく少し離れたところに座っていた親にそのことを自慢した。すると親は、「今あんたがそのゲームで描いたやつ見てるよ」と言ってゲーム機の画面を見せてきて、私はパニックになりながらそのゲーム機を奪った。見ると、やっぱりHな落書きがたくさんあって、一括削除しようとしたが、一括削除の項目はあるけど、選択はできないようになっている。私は大パニックになっていたが、その間いとこや親は居たものの何をしていたのかよくわからない。ネットゲームは既にサービスが終了していて、自分のゲーム機に保存してあるのも見られたくないものは削除してあるはずだった。じゃあこれはサービス終了以前に兄がこっそり私の投稿を保存していたものだと思い、ゲーム機を壊すしかないと思った。2、3発殴ったところで、貼ってあるシールで自分のゲーム機であることに気付き、もうどうしていいかわからなくなった。

[1903] 関ヶ原 (2019/11/29 金 17:52)