夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


映画のような夢

欧州欧米系の家族で、父親がアンドロイドを制作するエンジニアの仕事をして、母親は看護師、長女と長男の四人家族
ある時アンドロイド兵士が人間市民と話をするところから始まります。
辺りは大雪が降っていて戦争をしている雰囲気でもありました。
ただ始めは人間がアンドロイド兵士によくやったというようなねぎらいの言葉を
かけている感じでした。しかし、倉庫から市民がゾロっと出て来て、動かないアンドロイドを出して来てもういらないから引きとっって処分しろと言います。
アンドロイド兵士はマネキン化した仲間を焼却すると
場面が変わりエンジニア家族の家では母親と娘が父親の未完成?
のアンドロイド達を納屋に運び母親は娘に火を着けなさいと言います。
娘は火を着けるのですが辺りが氷点下で火が着きません。
二人とも諦めムードでその部屋で眠ってしまうのですが、娘が目を覚ますと
母親の姿がありません。
娘は家の中を探しまわると二階の階段で弟が倒れていました。
凍えて弱ってる感じです。娘は救急病院に行ってそこに母親が来てないかと
聞くのですが看護師は真面目に取り入ってくれません。
三人いた中の女性看護師が
「私もいろいろ危ない目にあって怖かったの。貴方のお母さんも自分が可愛くて逃げた
かもね」みたいな事を言います。周りも皆自分の事ばかり主張して弟もなかなか
診てくれないで苛立ちが募る娘と女性看護師の背後のエレベーターにすっと乗り込んだ人それが母親、なのに娘に対して不適な笑みを浮かべ近寄りもしないで
仕事に行くという複雑な思いで目を覚ました

[1937] Lusya (2020/05/24 日 05:40)