夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


No.1969への返信

題名*
名前*
本文*
パスワード
パスワードを設定すると投稿内容を削除できます
名前を保存する
 

投稿に関するご注意


  • 他人の名誉を傷つける書込み
  • 違法または公序良俗に反する書込み
  • 他人の個人情報を、当人の許可なく書き込む行為
  • 著作権等、他人の権利を侵害する行為
  • 本掲示板の容量を不当に浪費する行為
  • その他、本掲示板の正常な運営を妨げる行為
  • 商用、非商用のかかわらず広告行為

※ 上記に該当する書き込み、また管理人が不適当とみなした書き込みは無断で削除する事があります。

雛人形の会社

雛人形を取り扱う会社に就職する。
その会社は郊外にあり、周辺は山を崩して開発された広大な公園などがあり、会社の面積もとても広く建物も立派だった。
駐車場から建物へのエントランスは、銀杏並木で黄色くなっていた。
初日、自分のデスクは用意されてはいるものの、自分に気付き挨拶や指示を出す人が誰もおらず、自分から話しかけてみても目も合わさずスルーされた。途方に暮れる。
自分のデスクの向かい側へ目をやると、昔の同僚だった人が仕事の引継ぎをしていた。
苦手な人だったので「この人がここで働いてることを知ってれば選ばなかったのに」と激しく後悔する。
でもすぐに、こんな職場だし苦手な人もいるし辞めよう、と切り替えて職場を出て行く。
ちょうどお昼休みだったようで、数人の従業員が外へ出て行った。
私は誰に何も言わず荷物を抱えて会社の建物を出て、横断歩道を渡る。
そこで話しかけても無視だった職場の女性に呼び止められる。
ショートカットの髪型に眼鏡をかけたふくよかな女性だった。
「もう辞めます」「非常識な態度かもしれませんが、そちらも非常識なので」と言いたいことをはっきり伝える。
すると、同じ社内の人だと思われる口の悪い男性が割って入って来て、その女性の容姿をからかった。女性は何も反論しなかった。
自分はもう辞めた人間だし、と思い、容姿をからかうなんてクズだ、自分の容姿をよく見てから言え、と反論する。
女性は「ありがとう」と言い職場に戻るよう言ってくれたが、自分は辞める気は変わらないと伝えて、その場を去る。

[1969] 雨 (2020/12/08 火 07:47)