夢占い診断書 ユメカルテ

夢を文章から診断、分析し貴方だけの夢占い診断書を作成します


No.1833への返信

題名*
名前*
本文*
パスワード
パスワードを設定すると投稿内容を削除できます
名前を保存する
 

投稿に関するご注意


  • 他人の名誉を傷つける書込み
  • 違法または公序良俗に反する書込み
  • 他人の個人情報を、当人の許可なく書き込む行為
  • 著作権等、他人の権利を侵害する行為
  • 本掲示板の容量を不当に浪費する行為
  • その他、本掲示板の正常な運営を妨げる行為
  • 商用、非商用のかかわらず広告行為

※ 上記に該当する書き込み、また管理人が不適当とみなした書き込みは無断で削除する事があります。

ゆめ

立ち寄った本屋さんで文庫本を選んでいたら、白灰色の少し毛の長い犬が、赤いリードをつけて私の足元にやってきた。飼い主がそばにいることに気付いたが、私の視点は犬のまま。

私は犬アレルギー持ちなので、擦り寄ってくる犬にどう対応しようか逡巡したが、可愛さに勝てずに犬の喉を撫でる。コロコロと目を細め気持ちよさそうにしていた。

やっと飼い主に対して声をかけようと思い顔を上げると、その飼い主は浮浪者のようだった。豊満な体に、薄汚れた上下黒い服を身に纏い、明らかに不潔な髪の毛。犬も喜んでるね、と言われた。少しばかり会話をして、最後に犬の名前を聞く。「ぐいぐい聞いてくるね。そうだなぁ、ミナちゃんかな」と、ニヤニヤしながら教えてくれた。
あまり長く話すのも気持ち悪かったので、その場を離れると、彼も出口へ向かった。
出口ではもう一匹、壁にリードで繋がれた白の怯えた犬がいた。浮浪者はその犬を見て、今回はこっちかな、と、白灰色の犬連れて、外に出て行った。

私はそれが窃盗・誘拐だとわかっていたのに、こんな狭い店内で自分の犬が盗まれたら気付くよね、と言い訳をして、咎めることなく帰ってしまった。

[1833] ゆ (2018/10/13 土 10:51)